カートを見る マイページ ご利用案内 お問い合わせ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

【トプコン】 ローテーティングレーザー「RL-H4C」を発売

ローテーティングレーザー RL-H4C

ローテーティングレーザー「RL-H4C」は、直径800mの作業エリアに対応する建築・土木作業向けの回転レーザーレベル。

使い勝手・精度・使用範囲・耐候性・耐久性・コストパフォーマンスなど、あらゆるニーズを高い次元で実現する新製品。

すべてのコンポーネントを新たに設計し、徹底したテストにより耐久性と信頼性を検証。 厳しい現場環境においても長期間安心してお使いいただける品質を実現している。

【ローテーティングレーザーとは】

レーザーを回転しながら射出し、レーザーを受光するセンサー(レベルセンサー)によって水平方向の高さ位置を速やかに検出することができるツール。

墨出しなどの内装作業や基礎コンクリート打設作業、造成・整地工事での水平、勾配設定作業をはじめ、重機マシンコントロールシステムでの施工高管理工事使用まで、幅広く現場で活用されるツール。

【特長】

  • 水平精度±10″(±1.5mm/30m)で高い精度で均平作業を行えます。
  • 電子式自動整準機能を備え、本体を設置し±5°以内の傾きならば、電源オンとともにレーザーの射出、回転が開始され、素早く作業に着手できます。
  • レベルセンサーLS-80Lとの組み合わせで、本体設置から直径800m(半径400m)の作業エリアに対応できます。
  • 重機によるIT施工のためのマシンコントロールシステムでの活用など幅広い作業エリアに対応します。
  • 1軸勾配設定機能を搭載、レベルセンサーの高さにレーザー光の傾きを合わせるマニュアル方式で、2つの矢印ボタンを押すだけの簡単操作で、正確に勾配設定が行えます。
  • 本体は厳しい現場条件下でも安心して使える業界最高レベルの耐塵性・耐水性(JIS保護等級IP66)。
  • 持ち運びに便利な大型ハンドル。
  • 便利な3電源方式に対応*1。従来の乾電池のみならず、充電池やAC電源から直接電源を取ることも可能です。
  • アルカリ乾電池式で100時間、または充電池式で60時間というクラス最長の連続使用時間を実現。
  • 新設計のキャリングケースは、アクセサリーの収納力とクッション性を大幅にアップ。
  • 積み重ねても安定するシェルデザインにより、事務所での保管や車両での運搬にも場所をとらない。

【仕様】

製品名RL-H4C
発売日

2011年03月01日

水平精度±10″(±1.5mm/30m)
自動整準範囲±5°
測定範囲(直径)2m〜800m
光源半導体レーザー
レーザー安全基準JISクラス3R
耐塵性および耐水性IP66 (JIS C 0920)
連続使用時間
(気温20℃)
100時間(アルカリ乾電池使用)
60時間 (Ni-MH充電式バッテリー使用)
※乾電池パッケージでは別途付属品が必要。
寸法177 (L) x 196 (W) x 217 (H) mm
質量2.4kg(単一乾電池4本含む)
2.6kg(バッテリーパックBT-74Q)

ローテーティングレーザー「RL-H4C」製品情報ページ